1歳くらい~『押し出す(入れる)』のおしごと

1歳くらい~『押し出す(入れる)』のおしごと

1歳くらいから3歳半くらいまで、幅広いお子さんが楽しめる『押し出す(入れる)』のおしごとを紹介します♪

基本の使い方は、片手で筒を持ち、もう一方の手でデコボールを上から入れていきます。筒の長さ+1のデコボールが用意しているので、最後の一個を入れるとコロンっと下からでてきます♪フタを開ける必要もなく、永遠にくり返すことができるところが、このおしごとの興味を持続させるポイントです。

1歳3ヶ月くらいで、親指とその他の指先で物を掴めるようになった頃の子にとても人気のおしごとです。提示としては上から入れて下からコロンっと出てくるところを見せるのですが、3歳くらいの子が下からボールを入れて上から出てくるのを楽しんでいてびっくり!こんな使い方、私には思いつかなかったな~と感動しました!
一緒に見ていた私と担任の先生で、顔を見合わせてニヤニヤしていました♪


こんな時に「これは上から入れるんだよ~」と注意してしまってはもったいないですよね。提示とは使い方が違っても、「押し出す」という目的は同じですから、もちろんOKです♪

分野と目的

分野:日常生活の練習/微細運動(運動の敏感期)
目的:1歳~親指とその他の指でボールを掴んで目的の場所に入れる
   2歳半~上から入れると下から出てくるという仕組みを知って楽しむ

対象年齢と大人の関わり方

1歳くらいの子が挑戦する時には、大人のサポートが必要です。片手で筒を持って、もう片方の手でボールを入れるという作業はなかなか難しいので、大人が筒を持ってあげてください。
歩行が上手になるころ(1歳6ヶ月くらい)になれば、筒を持ちながら片手で入れることも出来るようになってきます。ですので、大人のサポートが難しい環境では、この頃から用意してあげるといいかなと思います。

自分でできるようになってからは、子どもの興味に応じてさまざまな楽しみ方をします。一個だけボールを入れてなんとか指で出そうとして見たり、ボールが下に移動するのをじっと見つめたりしながら、この仕組みを理解していきます。
そうこうしているうちに、上からだけでなくて下から入れたら上から出てくる!という発見をしたりと、いろいろな月齢の子が楽しめる活動です。

使ったもの・用意の仕方

使ったものは100円ショップで売っている、デコレーションボールとフライングタイガーで買った面白消しゴムが入っていた筒です。この筒は、たまたま捨てずにとっておいたものがサイズピッタリだっただけなのですが笑

デコレーションボールは一番大きいサイズ(直径3㎝くらい)のもので、筒の直径も3㎝くらいです。つまり、ボールと筒のサイズが同じくらいならなんでもOK!子どもの月齢や発達に合わせてサイズを変えてあげてもいいと思います。私も今度、小さいボールバージョン作ってみようかな♪


筒は透明の方が仕組みもわかり面白いですが、3歳を過ぎて仕組みがわかったころには見えない筒で用意するのもおすすめです。見えないものだけど、経験からその中で何が起こっているか予想するということも、興味の一つになります。

0